木村涼香は新体操で世田谷出身で高校卒業したばかり!プロフィールと経歴

spotnews123

沖縄出身のミュージシャン、GACKTさんが主演する沖縄を舞台にした映画「カーラヌカン」の最終オーディションが行われ、東京都世田谷区出身の木村涼香さん(18)が選ばれました。

木村涼香は新体操を生かした柔軟なI字バランスを披露して、スタイルの良さと野生美をアピールした。

ヒロインに決定したことについて

「感謝したい人がたくさんいるので、これから映画を通してたくさんの人に見ていただけたら」

とコメントしている。

ヒロインに選ばれた木村涼香さんについて調べてみました。

木村涼香のプロフィールと経歴

名前:木村涼香(きむら すずか)
出身地:東京都世田谷区
生年月日:1997年7月10日
身長:167センチ
スリーサイズ:B83 W61 H85

先月、高校を卒業したばかり

元新体操選手で、2013年の東京国体の新体操(団体)で優勝したほどの実力を持つ。

4歳から18歳まで新体操一筋で、演技経験の全くなかった。

五輪選手も目指すほど没頭していたが、約1年前に引退を決断。

引退するときに恩師から、「両立する方法もあるのではないか」と説得されたが、中途半端になるからと退路を断った。

「今まで新体操だけの生活だったので、違うことにも挑戦したかった」

と、女優になる決意が強かったようだ。

今回のオーディションでは、演技経験はゼロだが、大自然にマッチする素朴な美しさなどが評価された。

審査員を務める浜野安宏監督は、木村涼香について

「彼女の目は、ちょっとつり上がった、猫の目なんです。自然の感受性を持っている女性はほかにもいたが、(木村さんの)無二の身体能力と野生を磨き上げてもらいたい」

と今後のレベルアップに期待を寄せている。

オーディションの内容

「カーラヌカン」はGACKT演じる世界的カメラマンが、沖縄・八重山諸島の大自然で暮らす少女を撮影するうち、少女への深い愛に気づく物語。

オーディションには、総勢約700人の応募から2013年度の東レ水着キャンペーンガールを務めた岩崎名美(19)、2015年の「ミス・ワールド・ジャパン」ファイナリストのロバートソン夏妃(22)ら7人が残っていた。

その中では、木村涼香さんは無名の存在だったようだ。

ただ、新体操で人前に出ることは慣れていたので緊張することなくオーディションを受けれたとのこと。

今後は約2か月間、演技指導を受け、7月から撮影に入る。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加