永山絢斗のプロフィールと経歴!瑛太との仲は?

spotnews157

注目の若手俳優として話題になっている永山絢斗さん。

今回は永山絢斗さんのプロフィールと経歴を調べてみました。

実はあの有名な俳優の弟でした。

永山絢斗のプロフィールと経歴

名前:永山絢斗(ながやまけんと)
生年月日:1989年3月7日
出身地:東京都
血液型:B型

永山絢斗さんは俳優の瑛太さんの弟です。

もともと芸能界に興味はなかったとのことですが、中学1年生のときに兄・瑛太さんの出演する映画『青い春』を観て俳優という職業に興味を持ちます。

瑛太さんの演技を見た絢斗さんは

「自分の中で衝撃というか革命でした。本当に何百回も見たし、こんな面白い映画があるんだ!ってそこから興味を持っていろんな映画を見ました」

と、当時の心境を語っています。

瑛太さんに紹介してもらったプロデューサーの意向でオーディションを受け、2007年にドラマ『おじいさん先生』で俳優デビューを飾ります。

しかし、高校時代は学校をサボりがちだった。

そんなときデビューのきっかけとなったプロデューサーから

「もし芸能界で働きたくても、高校を卒業出来ないようじゃこの世界ではやっていけない」

とキツく諭された。

その後は、2010年に映画『ソフトボーイ』で主演。この映画での演技が高く評価され、「第34回 日本アカデミー賞 新人俳優賞」を受賞しています。

spotnews158

主な出演作品

2007年 おじいさん先生 – 逸見 役
2008年 「フレフレ少女」 – 山本龍太郎 役
2009年 「罪とか罰とか」 – 恩田春樹 役
2010年 「悪人」 – 鶴田公紀 役
    「マザーウォーター」 – ジン 役
    「ソフトボーイ」 – オニヅカ 役(主演)
    「ソラニン」-大橋 役
    「LIAR GAME The Final Stage」 – 久慈サトシ 役
2011年 「ハードロマンチッカー」 – 辰 役
2012年 「ふがいない僕は空を見た」 – 斉藤卓巳 役(主演)
    「ぱいかじ南海作戦」 – オッコチ 役
2013年 「藁の楯」 – 警視庁刑事部捜査一課 神箸正貴 役
    「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」 – 茅原優 役
2014年 「クローズEXPLODE」 – 藤原一 役

瑛太と弟の永山絢斗の仲

瑛太さんと弟の永山絢斗さんは6歳はなれています。

そんな二人はとてもの仲が良いみたいです。

以前は永山絢斗さんがトーク番組「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に出演されたときに、兄・瑛太さんとの仲良しエピソードを語っていました。

また、その放送された前の週の同番組にゲスト出演した瑛太さんが

「かわいくてしょうがない」

と、永山絢斗さんのことを溺愛している姿がありました。

永山絢斗さんは多忙になった今でも瑛太さんの家に遊びに行ったり、一緒に飲みに行ったりするそうです。

「最近は行っていないですが、カラオケとかよく行っていましたね」

と、仲の良さを明かしていました。

さらに、兄弟の話し方はとても似ていて

「兄にかかってきた電話に俺が代わりにマネをして出たりすると、普通にバレないです」

と話し、MCの上田晋也さんから

「お兄ちゃんと似てると言われるのは不愉快だったりするの?」

と問われると、

「いや、まあ同じ親なんで」

と答え、笑いを誘っていました。

注目されている若手俳優とあって今度も目は話せないです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加