「ニホニウム」と「ジャポニウム」のどっち?日本初の113番新元素名称

理化学研究所のチームが発見し、日本初の命名権を獲得した原子番号113番の新元素の名称案が9日、国際純正・応用化学連合から公表される。

国名にちなむ「ジャポニウム」が有力とされてきたが、日本語に基づく「ニホニウム」の可能性が高いとの観測が浮上している。

113番元素は理化学研究所の森田浩介グループディレクターを中心とする森田グループが発見。

命名権は研究チームに与えられているが、親分肌の森田氏に一任する声が多いという。

森田氏いったいどんな名称を考えているのだろうか。

「ニホニウム」と「ジャポニウム」が有力か?日本初の113番新元素名称

新元素の名称は国や地域、科学者などの名前にちなみ、語尾に「イウム」を付けるのが国際規則。

チームを統括し名称案を決めた森田浩介グループディレクターは

「日本で発見されたことが分かるようにしたい」

としており、国名にちなむ名称をつけると言われている。

名称は、周期表に記載され歴史に残るだけに注目が集まっています。

当初、最も有力な名称として上がっていたのは日本の国名にちなむ「ジャポニウム」でした。

しかしここで、日本語に基づく「ニホニウム」の可能性が高いとの観測が浮上しています。

当初検討されたジャポニウムはラテン語やフランス語に由来するが、関係者は

「森田氏は自国語にこだわったようだ」

と指摘しており、ニホニウムの可能性が高いとの見方が出ている。

過去につけられた元素名称

元素名は科学者に由来するものも多い。

放射線研究に打ち込んだキュリー夫妻にちなむキュリウム、物理学者アインシュタインからつけたアインスタイニウム、ノーベル賞を創始した化学者ノーベルにちなんだノーベリウムなどがあります。

他の名称では、人間に火を与えたギリシャ神話の神、プロメテウスにちなむプロメチウムや、天体に由来するネプツニウム(海王星)、プルトニウム(冥王星)などの例があります。

113番新元素名称に対するネットの反応

hor***** | 2016/06/08 08:47
ジャポニウムの方が断然しっくりけど、ジャポは英語から来てると思うからより日本っぽいニホニウムで良いんじゃない?

m0m***** | 2016/06/08 12:03
せっかくこだわるっていうなら「ニッポニウム」の方が良いと思うけど。あるいは「ヤマトニウム」

eas***** | 2016/06/08 10:04
ジャポニウムの方が発音的に海外で受け入れられやすいと思うけど

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加