フジ鈴木唯アナはコネ入社?才色兼備のユイパン!

spotnews362
フジテレビ入社1年目の新人アナウンサー、”ユイパン”こと鈴木唯アナが話題になっています!

鈴木唯アナが注目されたのは、夏休みを取った菊川怜の代役として『情報プレゼンター とくダネ!』に出演したとき。

「あの美人アナは誰だ!?」と話題になりました。

局内では「加藤綾子の再来」といわれているとか?

フジテレビ復活にとって重要な存在になりつつある鈴木唯アナですが、調べていると「コネ」というキーワードがありました。

芸能人の子供がアナウンサーになるとよく言われることですが、鈴木唯アナもコネ入社なのでしょうか?

今回は鈴木唯アナについて調べてみました。

鈴木唯アナはコネ入社なのか?

新人アナウンサーということで、まだ見たことがない方も多いと思いますが、カトパンの再来と言われている?鈴木唯アナをネットで調べると「コネ」というキーワードが出てきます。

まさか、コネ入社なのか?と思いましたが理由がありました。

鈴木唯アナの初仕事はテレビ番組『ダウンタウンなう』。

このとき同期の新人アナ複数人の出演していたのですが、その中に藤井フミヤさんの息子である藤井弘輝アナも一緒にいました。

spotnews363

芸能人の息子ということで、コネ入社ではないかと噂されているようです。

顔も最近の男性アナウンサーとしては、かなりレベルが低いです。

ダウンタウンの2人には鼻毛が出ていると突っ込まれていました。

同期にコネ入社疑惑がある人物がいることによって鈴木唯アナを検索するとコネと出ている可能性が高そうです。

才色兼備でフジテレビを救う存在に?

夏に開催される「お台場みんなの夢大陸」で鈴木唯アナを見ていた写真誌カメラマンは

「どんなお客さんにも笑顔で応対していて、商品が売れると手を握るように丁寧に渡していました。華やかな雰囲気を持っているし、ブレイクするのは間違いないでしょう」

とブレイクを予感しています。

かなり気の強い性格のようで、

「とにかく負けず嫌いで、男女合わせて他に4人いる同期アナには、ライバル心を隠すことなくメラメラと燃やしている。『同期で最も賢いのは私。一番しっかりしているし、努力もしている』なんて言ってはばからないくらいですから(笑)。あの内に秘めるドSぶりがバラエティ番組などで出せれば、これまでのフジにはない女子アナ像を築くことができるかもしれない」

とフジテレビ若手局員は話しています。

そんな鈴木唯アナですが、TOEICで990点をとるなどとても優秀な方です。

大学は早稲田大学。

あるインタビューでは

私は授業をすべて英語で行う学部に通っていたので、1年間アメリカに留学にいきました。帰国子女ではないので、授業についていくために予習・復習は大変でしたが、とにかく楽しかったです。

と、英語を使う環境が身近だったようです。

それでもTOEIC990点はすごいですね。

まとめ

低迷しているフジテレビですが、ネットで噂になるほどの新人が出てきたことは良いことですね。

鈴木唯さんはミスコンや読者モデルの経験がないということで、今までのフジ女子アナとは違って過去の情報が出てくる可能性がないのでフジテレビとしても貴重な存在でしょう。

今後の活躍に期待しましょう。

鈴木唯アナのプロフィール

名前:鈴木 唯(すずき ゆい)
生年月日:1993年12月13日
出身地:東京都
血液型:B型
最終学歴:早稲田大学
趣味:野球観戦、下手なゴルフとピアノ、旅行
特技・資格など:剣道二段、TOEIC990点、漢字検定二級

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] 引用元:http://spotnews.xyz/post-1661/ コネ入社したのでは?という疑惑があるようですが、そのような事実確認はできておらず、あくまで発言している人の妄想である可能性が高いです。 しかも理由が、「かわいいから顔で合格させた=コネ入社だろ」という理不尽な理由です。www すごくかわいそうですが、コネと言われているひとつの要因としては「フジテレビのアナウンサー」になったことが挙げられます。 実は、フジテレビに入社した社員の半数は「コネ入社である」と言われているのです。 というのも、芸能人の子供(高橋真麻、生田竜聖など)がコネ入社により、フジテレビに入ったと言われているため、フジテレビ=コネ入社のイメージが世間的についているところがあるみたいです。 しかも同期の藤井弘輝アナが藤井フミヤの息子であるため、「コネ入社」と言われているのもあるからかもしれません。 かわいいからコネ入社というのもバカバカしい話wかとは思いますが、彼女はさきほどのお伝えした通り、かなりの才女ですからコネではない可能性はやや強いかと考えられます。 […]