泰葉が悩まされた『双極性障害』とは?食べ物(赤身肉)で病気を克服!

spotnews378
シンガー・ソングライターでタレントの泰葉さんが今年9月、病気から回復し芸能活動を再開すると会見を開き発表しました。

会見では

「双極性障害によるうつ病を発症していた」

と告白。

2007年に春風亭小朝さんとの離婚直後に双極性障害を患ったとのことです。

原因について泰葉さんは

「あのときの心労が重なりまして、10年間病だった。離婚という人生の転機でエネルギーがいった。離婚直後は“ハイ”の症状が長く続いた」

とコメント。

現在は音楽活動やテレビ番組に出演するなど精力的に活動しています。

ただブログには、

元気になってゆく
みんなのコメント
本当に嬉しい
ゆっくりね
ゆっくり治そうね
春は必ずやってくる

引用:http://ameblo.jp/yasuha-e/

など、再発しないように注意していることがわかります。

ここでは、泰葉さんが患った病気『双極性障害』について調べてみました。

双極性障害とは

双極性障害は、精神疾患の中でも気分障害と分類されている疾患のひとつです。うつ状態だけが起こる病気を「うつ病」といいますが、このうつ病とほとんど同じうつ状態に加え、うつ状態とは対極の躁状態も現れ、これらをくりかえす、慢性の病気です。

引用:http://www.mhlw.go.jp/

うつ病の発生率が3~5%であるのに対して、双極性障害は約0.6~0.9%と少なく、発病年齢は、双極性が20代にピークがあるのに対して、うつ病の場合は年齢層が幅広く分布しています。また、うつ病の男女比が1対2と女性に多いのに対して、双極性では男女比は1対1となっています。

引用:https://medical.yahoo.co.jp/

医療ジャーナリストは、

「双極性疾患は、躁から鬱に転じたときが最も危険で、躁状態の行動を思い返すことで、自分を責めてしまい、自殺率も高いと指摘されている」

と話し、続けて

「90%以上が再発するとの報告があるほど再発率も高い」

と再発する可能性のある病気で今後もその恐怖と付き合って生活していくことになります。

双極性障害の原因

●遺伝的要素
双極性障害(躁うつ病)が発症する原因として、遺伝子の関与が考えられていますが、一つの遺伝子で起こる、いわゆる遺伝病ではなく、いくつかの遺伝子が組み合わさって発症すると考えられています。

●環境的要素
育った環境や、周囲から受ける慢性的なストレスなども、発症の要因の一つと考えられていますが、どの様な過程を経て発症につながるかは、はっきりわかっていません。

●病前性格
双極性障害の患者さんの発症前の性格を調査した報告では、社交的で、周囲に対して心配りができ、ユーモアがあり、現実的な志向性が強い性格の人が多い、とも言われています。

引用:https://www.bipolar.jp/

泰葉さんの場合、病前性格が双極性障害を発症させた原因だったのではないでしょうか。

双極性障害の主な症状

躁状態

  • 気分の高揚
  • 気力と活動性の亢進
  • 著しい健康感と心身両面の好調感
  • 社交性の増大
  • 多弁
  • 過度ななれなれしさ
  • 性的活力の亢進
  • 睡眠欲求の減少
  • 妄想と幻覚

うつ状態

  • 抑うつ気分
  • 興味と喜びの喪失
  • 易疲労感の増大と活動性の減少
  • 集中力と注意力の減退
  • 自己評価と地震のなさ
  • 罪責感と無価値感
  • 自傷あるいは自殺の観念や行為
  • 睡眠障害
  • 食欲不振

食べ物(赤身肉)で病気を克服!

2016年11月4日に放送された「爆笑!THEフライデー」に泰葉さんが出演されました。

番組の中で、双極性障害を食べ物によって改善したというのです。

その食べ物とは「赤身肉」でした。

spotnews385

弟の正蔵さんに赤身の肉を食べるよう勧められたようです。

赤身の肉には、脳の神経伝達物質セロトニンを形成するトリプトファンが多く含まれています。

トリプトファンは躁うつの予防・改善に効果があると言われています。

食事で赤身肉を積極的に摂ることで、落ち着きを取り戻しました。

まとめ

7月7日から「泰葉エンターテイメント」を設立し代表取締役社長として会社を引っ張っていく立場となりました。

病気から復帰して3、4年間仕事ができませんでしたが、逆にそれが泰葉さんを強くしたのでしょうか。

今後の活躍に期待したいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加