大島康徳ブログで大腸がん告白!余命は?

大島康徳
元プロ野球選手で日本ハムファイターズの監督を務めた大島康徳さんですがブログで大腸がんを患っていることを告白していたようです。

現在の病状や余命について、医師にどのように診断されているのでしょうか?

大島康徳ブログで大腸がん告白!

大島康徳さんがブログ(Ameba)で大腸がんについて告白したのは、2017年2月7日のことです。

10年以上前から書いていたブログをBIGLOBEからAmebaに移して最初に投稿したブログには次のように書かれていました。

実は大島、昨年10月下旬頃に
病気が発覚しました。

病名は大腸がん
肝臓に転移があり
ステージは4です。

既に大腸の手術を終え
現在抗がん剤治療を行っております。

大腸がんを患いステージ4の状態であることを告白したのです。

がんのステージは1~4まであり、大島康徳さんの大腸がんのステージは一番上の病状です。

ステージ4は、がんが他の臓器や血管などに浸潤しているか、転移している状態で、大島康徳さんは肝臓に転移していました。

ステージ4の余命は一般的にどのくらいなのでしょうか?

大島康徳の余命は?

がんのステージ4は余命数カ月、0年と言われることが多いようです。

ただし、余命0と告知されてから十数年ガンと共存し有意義な日々を過ごしている方もおられるようです。

適切な治療と諦めない気持ちが大切なのではないでしょうか。

大島康徳さんも余命0の告知から14年ガンと共存している方の存在を知り勇気づけられていました。

家族のサポートも必要ですが、本人のやる気が一番大切ですよね。

ブログをAmebaに移したことに心ない声が・・・
大島康徳さんはがん発表を機にブログを10年間書いていたBIGLOBEからAmebaに移しました。

そのことをお金目的だと批判している人がいるようです。

たしかに大島さんは、ブログで次のように書いているのでAmebaに切替て広告収入を得ることを考えているのかと思われます。

新たな人生のスタートを切るに当たり
ブログも引越しをし、新たなブログをスタート
させようと思いました。

そして、今後の人生を前向きに生きる為に
病気を公表することも決意しました。

仕事においてもプライベートにおいても
周囲の方のご理解やご協力、ご支援を頂くことが
必要不可欠だと考えたからです。

でもみんなが使っているツールを使って何が悪いのでしょうか?

手術にはお金が必要ですし、Amebaは発信力が高いので移したのではないでしょうか。

まだまだアクセスは少ないので広告収入は少ないと思いますが、がん治療のためには切り替えることはいいことだと思います。

大島康徳のプロフィール

名前:大島 康徳(おおしま やすのり)
生年月日:1950年10月16日
出身地:大分県
学歴:大分県立中津工業高等学校

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加