タモリがサングラスをかけているのは義眼だったから?知られざる過去

tamori02

いいともが終了してもまだまだ引っ張りだこのタモリさん。

今年の紅白総合司会に起用されることが、ほぼ確定しています。

そんな人気なタモリさんのトレードマークと言ったらやっぱりサングラスですよね!

なぜサングラスをかけているのか気になったので、その理由を調べてみました。

プロフィール

tamori03

本名: 森田 一義
生年月日: 1945年8月22日
出身地: 福岡県
血液型: O型
身長: 161 cm
学歴: 早稲田大学

昭和40年、一浪後に早稲田大学第二文学部西洋哲学科に見事に入学。
早大モダンジャズ研究会に入っていたようです。

大学卒業後は、保険外交員を3年間勤めていたようです。
その後は、ボーリング場の支配人や喫茶店の責任者などいろいろな仕事をしていたのだとか。

芸能界に入ったきっかけ

福岡に日本ジャズ界の天才・山下洋輔が公演で来ていた。
彼の大ファンだったタモリは公演を見に行き、その後に彼らは絶対に打ち上げをやっているだろうと、宿泊しているホテルに入る。
するとその中の一室のドアがわずかに開いており、室中でバカ騒ぎしている様子を見て飛び入り参加します。

相手は突然、飛び入り参加してきた見知らぬタモリにメチャクチャな韓国語で抗議します。
すると、タモリさんは、はるかにうまい「ウソ韓国語」で切り返すと、「なんだ、コイツ、面白いぞ!」という事になり、4時近くまでバカ騒ぎをしたそうです。

この出来事がきっかけとなり、山下さんが再び博多を訪れた際、「タモリを探せ」と大捜索を行い、タモリさんと東京に呼び寄せたことが芸能界入りのきっかけとなったそうです。

芸名「タモリ」の由来

タモリという芸名は本名の「森田」を前後逆にして「田森」となったのは有名な話です。
これは現在の業界用語の元ネタであるジャズ界の逆さま言葉から生まれたものらしいです。

そ裏話として、実は名前の「義一」も、生まれる直前までは「一義」とい名をつけられる予定だったんだとか!

サングラスをかけている理由

その理由は、小さい頃に右目を失明してしまったことが理由です。

1945年8月22日、タモリは福岡の高級住宅地、石垣に囲まれた大邸宅で生まれた。両親は小学生のころに離婚、叔父が父親代わりとなって育てた。内気で一人遊びばかりしていたタモリ少年だったが、小学4年生の遠足でアクシデントに見舞われる。級友と遊んでいたところ、電柱のワイヤが右目に突き刺さり、失明してしまう。

ですが、デビュー当時からサングラスだったわけではありません。

最初は眼帯を付けていました。

tamori04

tamori01

ただ、眼帯だと海賊みたいで怖いですね・・・

眼帯は所見の人に威圧感を与える可能性があるので、サングラスにしたのかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加