鈴木亮平の高校の偏差値は?英語力を身につけた勉強法とは?

suzuki01

NHKの朝ドラ「花子とアン」でブレイクした鈴木亮平さん。

今もっともドラマやバラエティに出演されている俳優さんの一人と言ってもいいでしょう。

どんなことにも全力でやってしまう鈴木さんは俳優として役作りがすごいことでも有名です。

そんな彼は英検一級を持っていて勉強もかなりできるみたいです。

通っていた高校の偏差値も高く、ネットでは話題になっています。

鈴木さんの高校の偏差値と、高い英語力を身につけた勉強法について調べてみました。

出身高校は偏差値が高かった?

鈴木亮平さんのプロフィールを見ると、英検一級や世界遺産検定1級と書いてあります。

どちらもすごく難しい資格で受かるには、かなりの勉強が必要みたいです。

さらに高校時代には、ドイツ語スピーチ大会で優勝しているらしく日本語・英語だけでなくドイツ語もできるという秀才です。

そんな秀才ぶりを発揮したときの高校はどこかというと

兵庫では有名な県立国際高等学校(旧:兵庫県立芦屋南高校)です。

その高校の偏差値はな当時偏差値62だったそうです。

高校では、アメリカのオクラホマ州に1年間留学していたようで、そのときに英語力がさらに伸びたようです。

大学は、東京外国語大学を卒業しています。

東京外国語大学といえば、外国語大学の中ではTOPクラスの大学です。

そのTOPクラスの大学に入学していたなんて、やっぱり秀才ですね!

なぜ英語力・語学力が高いのか?

英語に興味を持ったのは子供の頃の体験にきっかけがあります。

鈴木さんは子供の頃に初めて海外に行ったのですが、そのときに日本とは違う文化に魅了されてしまったようです。

それと同時に、英語が話せないせいで現地の人とコミュニケーションがとれないことに悔しさ感じたと言っています。

そのときに抱いた感情が高い英語力を身につける原動力となったのではないでしょうか。

鈴木さんの英語の勉強法を調べて見ると、役者作りと似ているのでないかと思いました。

様々な知識をバラバラに覚えるよりも、関連ずけて覚えるようにしていたのことです。

そして、もっとも効果的に語学を勉強するには海外に行くこと!と言っています。

やはり、現地でその場の雰囲気を感じながら言葉を覚えたほうがいいということですね!

まとめ

いろいろなドラマやバラエティに出いる鈴木さんですが、デビュー当時はまったく仕事がもらえなかったみたいですね。

そもそもプロダクションにもなかなか入れなかったみたいですが、今やこんなに売れている鈴木さんを、当時門前払いにしたプロダクションは悔しがっているでしょうね!ww

今後も鈴木さんの素晴らしい演技を見たいですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加