宮沢りえ旦那の元プロサーファー中津ひろゆきはサングラスメーカーのオーナー?

spotnews20

宮沢りえ旦那の元プロサーファー中津ひろゆきはサングラスメーカーのオーナー?

宮沢りえさんが離婚成立したと発表しました。

旦那の元プロサーファー中津ひろゆきさんとの離婚調停が泥沼化していましが、ようやく成立したようです。

離婚が成立したことについて

「私たち夫婦は、幾度かの話し合いを重ね、この度離婚が成立いたしました。新たな気持ちで、役者として、母として、一人の人間としてこれからも前進していこうと思います」

とコメントを発表しています。

ここでは、宮沢りえさんと旦那 中津ひろゆきは元プロサーファーのことについて調べてみました。

宮沢りえの旦那 中津ひろゆきは元プロサーファー

宮沢りえさんの旦那は元プロサーファーの中津ひろゆきという人です。

spotnews19

宮沢りえさんと言えば、これまで貴乃花親方やサッカー元日本代表の中田英寿さんとの熱愛報道がありましたが、2009年に中津ひろゆきさんと”できちゃった婚”しています。

当時、所属事務所からFAXで、結婚と妊娠の事実を公表し、同年6月に挙式を挙げ話題になりました。

結婚を発表したときは既に妊娠6ヵ月で、5月に長女のアロハちゃんを出産しています。

旦那の中津ひろゆきはサングラスメーカーのオーナー?

元プロサーファーの中津ひろゆきさんは、どんな仕事をしているのでしょうか。

過去に、サングラスの有名ブランド「オークリー」でマーケティングを担当していると報じられています。

著名なスポーツ選手やタレントにサングラスを使ってもらい、宣伝をしてもらうなどのマーケティング活動をしているようです。

年収はいくらか気になりますが、メーカーの社員なので、それなりに高い給料をもらっていると考えているのでしょう。

離婚の原因

ハワイで仕事をする機会が多かった旦那とのすれ違いや、女優業に専念したい宮沢りえさんの気持ちが離婚の原因となったとされています。

テレビ関係者は、

「旦那は大手サングラスメーカーの責任者として米・ハワイを拠点にしているため、ほとんど日本に帰ることがなく、夫婦の間に深い溝ができてしまった。りえは自身が父親のいない家庭で育ったので、旦那さんには家庭に深い愛情を注ぐことを求めたが、そうならなかったため、離婚を決意したようだ」(テレビ関係者)

と語っています。

ハワイと日本の距離と仕事に対する想いの問題ですが、二人とも相手に合わせるという選択肢はなかったのでしょうか。

離婚調停が長引いている理由

2012年5月に離婚間近という情報が報道されました。

その離婚調停をしていると噂されましたが、発表したのは2015年。すでに旦那の中津ひろゆきさんと別居中で、現在弁護士を立て離婚協議中とマスコミに発表しました。

離婚調停中と思われていた2013年10月に、舞台で共演した12才年下イケメン俳優・小久保寿人とのお泊まり愛を女性セブンがスクープしました。

このことが原因で、旦那の中津ひろゆきさが離婚に応じないとなり離婚調停が長引いていると言われています。

「この時、りえさんは離婚協議に悪い影響を与えないようにと“お泊まり愛”が報じられる前に否定コメントを出したほどです」(スポーツ紙記者)

また、一人娘の親権問題も話が進まない理由と言われていましたが、親権は宮沢りえさんが持つことになったようです。

まとめ

離婚が成立したことで、ほっとしていることでしょう。今後は女優業に専念して日本を代表する女優として世界で活躍してほしいですね。

まだ42歳なので新しい恋人ができることもあるので期待したいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加