本田真凜のプロフィールと経歴(成績)!兄弟もすごかった!

spotnews24

ハンガリーのデブレツェンで行われた女子フィギュアスケートの世界ジュニア選手権で、本田真凜さん(14歳)が自己ベストを10点以上更新する192.98点を出して初優勝しました。

まだ14歳の本田真凜さんの優勝で今後の日本女子フィギュアのレベルも衰えることなく、さらに高いものとなっていると感じた人も多いでしょう。

世界ジュニア選手権を制した本田真凜さんのプロフィールと経歴(成績)。

そして兄弟のことが気になったので調べてみました。

本田真凜のプロフィール

氏名:本田真凜
生年月日:2001年8月21日
出身地:京都府京都市
血液型:A型
学校:関西大学中等部
所属:オスカープロモーション
趣味:料理
特技:ともだちづくり

5人兄弟の3番目で、兄と姉、そして2人の妹がいます。

2才のときにスケートをはじめ、憧れのフィギュア選手は荒川静香さんとのことです。

本田真凜の経歴(成績)

小学生のときから才能を開花させていた選手で、2012年に出場した「全日本ノービス選手権(ノービスB)」では、当時の歴代最高得点をマークして優勝しました。

また、2013年トリグラフ杯ではノービスクラスの国際大会で初めて優勝しています。

2013-14のシーズンから日本スケート連盟のフィギュアスケート強化選手に初選出。2013年アジアフィギュア杯と2014年クープドプランタン杯のノービスクラスではそれぞれ2位に入賞。
2014年の全日本ジュニア選手権では4位、2015年は6位に入っていま。

そして、今回行われた2016年世界ジュニア選手権では、2010年の村上佳菜子さん以来6年ぶりの優勝を飾りました。

成績の年表

2013 アジアントロフィー(Adv.Nv.) 2位
2013 全日本ノービス選手権 3位
2013 全日本ジュニア選手権 5位
2014 クープドプランタン(Adv.Nv.) 2位
2014 アジアンオープントロフィー(Adv.Nv.) 3位
2014 全日本ノービス選手権(Nv. A) 2位
2014 全日本ジュニア選手権 4位
2015 バヴァリアンオープン(Adv.Nv2) 優勝
2015 アジアンオープントロフィー(Jr) 2位
2015 JGPアメリカ大会 2位
2015 JGPクロアチア大会 優勝
2015 ジュニアグランプリファイナル 3位

兄弟もフィギュアスケート選手としてすごい!

spotnews23
本田真凛さんといえば、妹の本田望結さんのことを思い浮かべる人もいると思います。

5人兄弟で長女以外の4人がフィギュアスケートをしているというフィギュアスケート兄弟なのです。

長男の本田太一さんは2015年の全日本ジュニア選手権で10位に入っていて、オリンピックの強化指定選手に選ばれています。

三女の本田望結さんは女優もやりながら2013年の全日本ノービス選手権で(ノービスB)で8位。

四女の本田紗来ちゃんはまだ大会にでていませんが、テレビでスケートを披露するなど姉の影響も受けてかとても上手です。

兄弟みんなフィギュアが上手いので、将来は表彰台に兄弟が同時に立っているなんてこともあるかもしれません。
将来がとても楽しみです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加