高橋ジョージと三船美佳の離婚原因はモラハラではなく薬?

spotnews406

離婚訴訟中だった歌手の高橋ジョージさんととタレントの三船美佳さんの離婚が成立しました。

所属事務所を通して高橋ジョージさんが離婚訴訟の訴えを取り下げたことをマスコミに発表しています。

よって、協議離婚に同意し、子供の親権は三船美佳さんが持つことになりました。

発表した書面には、

「私は、美佳さんと長女の幸せを真摯に願い、熟慮を重ねた結果、今回の結論を出しました」

「親権者は母親、慰謝料は無しということで合意致しました」

と喧嘩別れではないことを説明しています。

離婚の原因は何だったのでしょうか?

当初はモラハラと言われていましたが、一部で高橋ジョージさんが薬をやっていたのが原因ではないかと言われています。

離婚原因はモラハラ?

当初の報道では、高橋ジョージさんのモラハラが離婚の原因と言われています。

モラハラとは
言葉や態度で精神的に傷つけたり、不安にさせて相手を洗脳し支配する(意のままに動かせる状態に置く)こと。

モラハラ夫の特徴

  • 自分の非を認めない
  • 家庭内のトラブルは全て妻のせい
  • 人前と家の中で態度が違う
  • 相手の同情心をくすぐる
  • 義親がモラルハラスメントをする
  • たまに優しい!プレゼントでごまかす
  • 相手の非を言葉でズバッと責める

三船美佳さんはどのようなモラハラを受けていたのでしょうか。

友人の話では

「美佳さんが仕事を終えて帰宅すると、高橋さんから長時間、人格を否定されるような言葉を浴び、それが耳元で大きな声の時もあったようです」

と語っています。

高橋ジョージさんは、モラハラ否定しており、離婚成立した今回も改めて否定しました。

「これまで一部報道にありました、モラルハラスメント等の事実は一切無かったことを断言させて頂きます」

本当にモラハラが離婚原因ではなければ、何があったのでしょうか?

ここで浮上してきたのが、薬問題です。

本当の離婚原因は薬だった?

高橋ジョージさんが薬をやっているという噂が浮上しました。

報じたのは、日刊サイゾー

「実は、彼には決して口外できない“ある疑惑”が存在する。一時期、メディア露出が極端に減った際に“何か”があったようだ。『顔色が悪く、何を言ってるかわからない』『滑舌が悪くて聞き取れない』という話を聞いたことがある。これ以上は言えないが、その疑惑が事実なら、離婚もやむなしだ」

と、2人を知る関係者が語った。

ここで注目したいのが以下の言葉です。

  • 顔色が悪く、何を言ってるかわからない
  • 滑舌が悪くて聞き取れない

この症状は、薬をやっている人物にみられる症状です。

本当にやっているか不明ですが、以前から噂はあるようです。

もしかしたら離婚の本当の原因は、薬なのかもしれないですね。

まとめ

2013年12月から別居し、やっと離婚が成立しました。

子供のことを思えば、三船美佳さんはほっとしていることでしょう。

高橋ジョージさんが今後も子供に会えるかわかりませんが、離婚しても子供の前では仲良くしてほしいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加