桃田賢斗の闇カジノはなぜばれた?店の場所はどこできっかけは?

spotnews75

カジノ問題により五輪強化指定選手の辞退した桃田賢斗選手。

皮肉にも最新の世界ランキングで4位から2位にランクアップしました。

バドミントンでメダルを狙える選手として期待されていただけに残念です。

なぜ悪いことと知りながらカジノ店に行っていたのでしょうか。

・桃田賢斗選手の闇カジノがなぜばれたのか?
・カジノをはじめたきっかけ
・店の場所はどこ?

について調べてみました。

桃田賢斗の闇カジノはなぜばれたのか?

桃田賢斗選手は6回ほどカジノに行っていた。

なぜ今なってばれたのか?

情報では、同じバドミントン仲間がリークしたと言われている。

また、一緒に遠征した代表選手からは2人の行動がおかしいという声があったようだ。

桃田賢斗と田児賢一は、ジャージ姿のまま隠れるそぶりなく、ときには部員5、6名を連れカジノ店に行っていた。

別の情報では、所属するNTT東日本バドミントン部内の密告です。

田児賢一選手がカジノで負けた金額は約1000万円と言われている。

負けを取り戻そうと部内で借金をかかえ、その総額は1150万円になっていたようだ。

そのうち約650万円は返済したそうだが、まだ500万円は残っている。

借金の状況を見て部内の人が、改心してほしいと思い告発した可能性はあります。

桃田賢斗がカジノをはじめたきっかけは?

桃田選手を誘ったのは田児選手だった。

「いけないことだとは分かっていたけど、入ってはいけないところに入る好奇心だったり、少し楽しんでいる自分もいた」

「自分もスポーツマン、勝負の世界で生きているので、ギャンブルの世界に興味があった。やめることができなかった」

田児選手は桃田賢斗さんや後輩をカジノに巻き込んでしまったことについて、

「桃田や…後輩のことを巻き込んでしまったのは全部僕なので……自分が賭博をしていて、言うのもあれなんですけど、本当に申し訳なく思いますし…」

と手を震わせながら語った。

店の場所はどこ?

産経新聞が闇カジノ店の元経営幹部の男性に取材をしています。

その内容では、田児賢一選手がカジノを訪れたのは2014年12月ごろ。

客引きの紹介で、JR錦糸町駅に近い同店を違法なカジノ店と知りながら訪問。

その1週間後には桃田賢斗選手を連れて来店してきた。

2人とも頻繁に来ていた。田児選手は多いときは100万円単位、桃田選手は数万~数十万円単位で賭けていた。最終的に2人で計1千万円以上は負けていた。ラケットを持った十数人の後輩らしき男女を連れてきたこともあった」

と、元経営幹部の男性は語った。

また、田児賢一選手は2014年10月から2015年3月にかけて、東京都墨田区の闇カジノ店に月10回ほど通っていたという。

そのカジノ店は警察に摘発されますが、横浜にも同じ経営者が運営するお店があり2015年5月から2016年1月にかけて月数回通っていたようだ。

闇カジノによる罰則

刑法185条

賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

刑法186条

1.常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。
2.賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

桃田賢斗選手はどのような裁きを受けるのでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加